やりたいことがわからないあなたへ

あなたもマルチポテンシャライトかも?

【天職】マルチポテンシャライトって?向いてる職業は?

f:id:CCIxN5kJVMQaceu:20220119183456p:plain

天職が見つからなくて向いている職業がわからない

たくさん興味のあることがあり、人と違って不安になる

そんなマルチポテンシャライトな方は、職業選択において苦しむことがよくあります。

マルチポテンシャライトってどういった人なのか、改めて特徴や

向いている働き方をまとめていきます。

マルチポテンシャライトとは

マルチポテンシャライトとは、

様々なことに興味を持ち、多くのことをクリエイティブに探求する人のことをいいます。

やりたいことや興味のあるものが多かったり、

人より物事に関して「なんで?」と思うことが多い人は

マルチポテンシャライトと言えるでしょう。

マルチポテンシャライトな人の特徴

マルチポテンシャライトな人は、下記の特徴があります。

  • やりたいことがたくさんある
  • 飽き性
  • 中途半端になることが多い
  • 器用貧乏
  • イデアを統合できる
  • 学習速度が早い
  • 適応能力が高い
  • 大局的な視点を持っている
  • 様々な分野に精通している

いくつか心当たりがある方は、きっとマルチポテンシャライトという性格の持ち主です。

人との違いに悩んだこともあるのではないでしょうか?

強みを把握できていない人は

ある程度何でもこなせるため、自身の強みに気づけていなかった可能性があります。

マルチポテンシャライトが抱く不安

マルチポテンシャライトの人は、多くの不安を抱きやすいです。

①やりたいことがわからない

マルチポテンシャライトは興味のあるものが多く、やりたいことがわからなくなります。

やりたいことがわからなくて悩んでいるマルチポテンシャライトは、

1つのやりたいことを見つけ出そうとするせいで

やりたいことがわからなくなってしまいます。

マルチポテンシャライトにとって1つの事柄に絞ることは難しいです。

②始めたことが続かない。飽きてしまう

何をやってもある程度はこなせるが、すぐに飽きてしまい続かないことに苦しみます。

中途半端だと感じる人も多いです。

③人との違いに苦しむ

やりたいことがたくさんある人はそう多くなく、

周りとの熱量の違いや、継続力の面で悩み苦しむことがあります。

④何度も初心者を繰り返す不安

様々なことに興味を持ち取り組むため、

何度も初心者を味わうことに不安を覚えることがあります。

⑤天職に出会えない不安

ある程度できるようになると飽きてしまい、

天職が見つからないことに不安を覚えます。

抱いていた不安は今日から強みになる

マルチポテンシャライトであると気づいたあなたは、もう今後不安を抱く必要はありません。

マルチポテンシャライトに合った、自分にあった生き方で過ごせばいいからです。

やりたいことが多いのなら1つに絞らないでいいです。

やりたいことを全部やってしまえば良いのです。

副業や複業をしながら働くという選択肢があります。

飽きたら次のことを取り組めばいいし、人と違うことは個性があり素敵なことです。

新しいことに挑戦できない人は初心者を恐れているからで、初心者に何度も挑むができるマルチポテンシャライトであることは強みです。

人との違いを理解し、好きなことを次々行動に移していけば、マルチポテンシャライトは充実した人生が送れます。

たくさんのことに情熱を注ぐことはできるのは、そう簡単なことではありません。

これらの不安も、マルチポテンシャライトに合った解決法で乗り越えればよいのです。

向いている職業や働き方

マルチポテンシャライトな人に向いている職業や働き方は、多くあります。

向いている職業

マルチポテンシャライトな人に向いている職業は、

深く調べる必要のある記者やライター、ジャーナリストだったり、

様々な人と繋がれる通訳が向いています。

好奇心が刺激されやすい仕事に向いているといえます。

ルーティンワークは飽きてしまいやすく、向いていない可能性が高いです。

とはいえ、自身がやりたいこと、興味があることを次々と、または同時に仕事にするのが向いているため、

この職業でないといけないことはないです。

向いている働き方

マルチポテンシャライトには主に4つの働き方があります。

①グループハグアプローチ

1つの仕事でたくさんの職務を担当したい人は、グループハグアプローチが向いています。

ベンチャー企業などに努め、たくさんの業務を担当できることに、やりがいを感じるでしょう。

②スラッシュアプローチ

複数の仕事を同時に掛け持ちたい人は、スラッシュアプローチが向いています。

全く違う分野でいろんなことがしたい人は、この方法が向いています。

複業をしながら働くというスタイルです。

アインシュタインアプローチ

1つの安定した職業につき、他にも情熱を注げるものに取り組みたい人アインシュタインアプローチが向いています。

メインで安定した収入を得ながら、儲けにならなくとも自分の情熱を捧げるものにも取り組みたい人はこのアプローチがおすすめです。

④フェニックスアプローチ

1つの職業を数ヶ月、数年続け、次々と業界を渡り歩く人のことをフェニックスアプローチと呼びます。

同時に複数ではなく、一度に1つの分野へ情熱を注ぎ、時期が来れば次々移り変わっていく方法です。

まとめ

いかがでしたか?

あなたは一つの事柄の専門家になれなくても、

複数の事柄をこなせるオールラウンダーになることができます。

この特性は、珍しい特性です。誰もが持ち合わせているものではありません。

なにかに特化した一流が良いとはらず、複数の天職を見つければ良いのです。

あなたが今やりたいことで悩んでいるのであれば、

「好きなことを次々と仕事にして一生食っていく方法」を身につけてください。